ログイン 会員登録





全ての商品を見る













storage
login




 

slowHのお仕事


slowHの商品はデザインから縫製まで、一貫した手仕事でできています。

< 1 デザイン >
イメージからラフ画を描き型紙をおこします。

< 2 裁断 >
型紙を基に革を裁断します。

< 3 菱目打ち >
革に針を通すため、菱目打ちという道具で革に針穴を空けていきます。

< 4 仕立て準備 >
縫製前に金具を付けたり、焼き印を押したりの準備を施します。

< 5 縫製 >
手縫いでしか使えないシニュー糸を使いひと針ひと針手縫いで縫製します。

完成した時にイメージ通りでない場合は1に戻り型紙を作り直します。

 


2021年 09月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
今日

 

カレンダーの背景色が白の日が営業日となります

 

2021年 10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

 


 

お得なメールマガジン

 
MakeUp(メイク) > Shoehorn
前の商品 Shoehorn 次の商品



allhandmade




 


栃木レザーのカバーをつけた真鍮製靴べらです。

使い込む程に味の出るヌメ革と、アンティーク感溢れる真鍮無垢材の靴べらが雰囲気満点です。

 


  bestia
<ボディ> フルベジタブルタンニンレザー(栃木レザー)
南米産のミモザの樹皮から摘出されたタンニン剤でじっくり時間をかけてなめしあげた純正のヌメ革です。
なめし方法は匠の技術で巧みに駆使し造り上げたワイルドで完成度の高いレザーです。
ヌメ革とは、日本の風土に合った加工方法で、タンニン液を満たした槽に皮を浸し、約1ヶ月から1ヶ月半をかけて基礎素材を造り上げた革です。このヌメ革をさらに水染め等の手法により染色しております。
 
  bestia
<金具> 真鍮
黄銅とも呼ばれる銅65%、亜鉛35%の合金で、約350年前から広く利用されるようになった金属です。 ヨーロッパでは古くから真鍮は幸福をもたらす金属として好まれ、金に似た美しい光沢から「Poorman’s Gold」 (貧者の金)とも呼ばれるそうです。もともとは軽蔑的な意味合いなのかも知れませんが、ゴールドを買うお金の ない人(Poorman)でも自分なりのオシャレをしていたことを窺わせ、かえってGOLDよりも高潔なスピリットが感 じられます。 GOLDよりも落ち着いて肌に馴染む光、古くなって増す深み、金属なのにどこか柔らかさを感じさせる独特の素材 です。
 
  bestia
<糸> シニュー
もともとは動物の腱をこよって作られた糸らしいのですが、現在ではそれを再現して作られた非常に強度の強い皮革縫製糸です。
作業時に革との摩擦で糸自体にダメージがないようワックスがたくさん含まれた糸で、ミシンでは使えない糸です。
仕上がりは手縫い独特の無骨なステッチになり、ハンドメイド製品の温かい風合いを引き立てます。
 

 

ちょっとしたプレゼントにも最適です。
 

 

画像をクリックすると拡大表示されます


Shoehorn Shoehorn Shoehorn Shoehorn
Shoehorn Shoehorn Shoehorn Shoehorn

souryou

 

ブランド:slowH(スロウエイチ)

品番:SH216

商品名:Shoehorn

製造元:Tanganyika
生産国:日本
(size) W:約4.3cm H:9.1cm
価格:

獲得ショップポイント:280ポイント

 

カラー
個数:


 

[商品についての問い合わせ]
[友達にメールですすめる]



Tanganyika(タンガニーカ) 661-0953 兵庫県尼崎市東園田町2-87よしのマンション203 (TEL)06-6494-2381