ログイン 会員登録





全ての商品を見る













storage
login




 

slowHのお仕事

slowHの商品はデザインから縫製まで、一貫した手仕事でできています。

< 1 デザイン >
イメージからラフ画を描き型紙をおこします。

< 2 裁断 >
型紙を基に革を裁断します。

< 3 菱目打ち >
革に針を通すため、菱目打ちという道具で革に針穴を空けていきます。

< 4 仕立て準備 >
縫製前に金具を付けたり、焼き印を押したりの準備を施します。

< 5 縫製 >
手縫いでしか使えないシニュー糸を使いひと針ひと針手縫いで縫製します。

完成した時にイメージ通りでない場合は1に戻り型紙を作り直します。

 


 

お得なメールマガジン

 
Wallet/CardCase > Cherry
前の商品 Cherry 次の商品



allhandmade




 


一見して何に使うか分からないですが、ホックを開くと両サイドに丸いポケットがあり、コインを収納できるようになっています。
片側に3〜4枚収納可能で、サイドについている鹿革のひもを通すとキーホルダーのようにバッグやリュックに装着できます。
ウォーキングやジョギング時に、水分補給のための小銭を持ち歩くのは意外に不便。
必要な分だけ携帯するのにとても便利です。
チェリーのようなかわいい外観でアクセサリーとしても目を引きます。

※新色のブラックもご注文できます。(商品画像は準備中です。しばらくお待ち下さい)

 


  bestia
<ボディ> ベスティアレザー
slowHで別注生産しているオリジナル鞣し牛革。
通常のオイルレザーよりもふんだんにオイルを使った仕上げ。革のしまりが良く、使っているうちに摩擦や手油で革面にツヤが出てきます。表面のシボは型押しではなく振りシボのためよりナチュラルな風合いです。
オイリーで柔らか、しっとりした肌触り。
経年変化による味の出る、永く使って愛着の持てる革です。
 
  deer
<ひも> 鹿革
古くから牛革よりも優れた素材として親しまれてきたのが鹿革です。
その魅力は何といってもそのしなやかな肌触りといつまでも変わらない柔らかさです。
この商品に使っている鹿革のひもは、細いながらもそんな鹿革の魅力を十分に発揮しています。
 
  bestia
<金具> 真鍮
黄銅とも呼ばれる銅65%、亜鉛35%の合金で、約350年前から広く利用されるようになった金属です。 ヨーロッパでは古くから真鍮は幸福をもたらす金属として好まれ、金に似た美しい光沢から「Poorman’s Gold」 (貧者の金)とも呼ばれるそうです。もともとは軽蔑的な意味合いなのかも知れませんが、ゴールドを買うお金の ない人(Poorman)でも自分なりのオシャレをしていたことを窺わせ、かえってGOLDよりも高潔なスピリットが感 じられます。 GOLDよりも落ち着いて肌に馴染む光、古くなって増す深み、金属なのにどこか柔らかさを感じさせる独特の素材 です。
 
  bestia
<糸> シニュー
もともとは動物の腱をこよって作られた糸らしいのですが、現在ではそれを再現して作られた非常に強度の強い皮革縫製糸です。
作業時に革との摩擦で糸自体にダメージがないようワックスがたくさん含まれた糸で、ミシンでは使えない糸です。
仕上がりは手縫い独特の無骨なステッチになり、ハンドメイド製品の温かい風合いを引き立てます。
 

 

小さいながら意外とコインが入ります。
ウォーキングやトレッキングが趣味の方に愛用して頂いてます。
 

 

画像をクリックすると拡大表示されます


Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry
Cherry Cherry Cherry Cherry Cherry
Cherry

souryou

 

ブランド:slowH(スロウエイチ)

品番:SH100

商品名:Cherry

製造元:Tanganyika
生産国:日本
500円玉が合計6枚程度収納可能です。
価格:

獲得ショップポイント:200ポイント

 

カラー
個数:


 

[商品についての問い合わせ]
[友達にメールですすめる]



Tanganyika(タンガニーカ) 661-0953 兵庫県尼崎市東園田町2-87よしのマンション203 (TEL)06-6494-2381